アミノ酸系界面活性剤入りのシャンプーは頭皮や髪にいい?

「界面活性剤」と聞くと、いかにも化学薬品のようで体に悪そうに感じます。

 

しかし、マヨネーズの「界面活性剤」にあたるものは卵黄です。
味付けのための酢の水分と卵黄が反応し、あとから入れる油がよく馴染んでクリーム状になりマヨネーズになります。

 

マヨネーズを肌につけても肌に悪いとは思いませんよね?

 

「界面活性剤」の言葉自体は、髪や頭皮に悪いとは一概には言えません。

 

どちらかというと気をつけたいのは界面活性剤の原材料です。
界面活性剤にもいろいろな種類があり、原料が石油系、高級アルコール系、アミノ酸系(ベタイン系)、脂肪酸系と様々です。

 

中でも最近肌にやさしいということで、原料が天然由来のアミノ酸系やベタイン系シャンプーが注目を集めています。

 

目に入ってもせっけんやシャンプーほどしみず、洗い残しが少なく洗浄しやすい、穏やかな洗浄力が売りです。
ベビーシャンプーにも使われるほどで、髪や頭皮にも優しいのでおすすめです。

 

また環境負荷が他の合成界面活性剤より低く、生分解性が高いと言われています。

 

アミノ酸系のシャンプーは主に石鹸の原料である脂肪酸とアミノ酸を反応させ、それらを弱酸性程度まで中和させて製造します。
脂肪酸の原料はココヤシなどの植物です。
アミノ酸は糖などから発酵技術を使って増やしたものを利用します。

 

成分としてはココイルグルタミン酸KやココイルアラニンTEAが表記されてます。

 

このココイルの部分が「ココヤシ」由来である脂肪酸であることを示します。

 

ベタイン系と言われるシャンプーはラウミドプロピルベタインなどが表記されています。

 

ベタインはサトウダイコンのことで、ラウミドプロピルベタインはベタインとヤシ油などの原料と合成させて作られています。

 

アミノ酸系やベタイン系シャンプーの原材料はほぼ天然の成分を利用できるため、体に安心して使うことができます。

 

ただ原材料が石油系より高価なため、どうしても市販のシャンプーより高めの価格になりがちです。

 

肌にやさしいシャンプーとして他には石鹸シャンプーがあります。

 

主な主成分は脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムです。
石鹸と同じくさっぱりして洗いあがりが特徴です。
こちらも天然の原材料が使われ、生分解性も高いです。

 

ですがアミノ酸系やベタイン系のシャンプーに比べると脂の洗浄力が強いため、人によっては脂を落とし過ぎる可能性があります。

 

こう聞くとアミノ酸系やベタイン酸系のシャンプーはとても良く感じますが、石鹸シャンプーや石油系のシャンプーに慣れていると、アミノ酸系やベタイン系シャンプーは「どうも洗った気がしない」「髪にボリュームがでない」と物足りなくなるようです。

 

ヘアケアで髪のボリュームを補うなどの工夫が必要でしょう。
また人によっては月に何回かは、さっぱり洗えるシャンプーを併用するのもいいかもしれません。

 

次のページは、ネットでもよく目にする石鹸シャンプーについてです。
本当に石鹸シャンプーで髪の毛が生えるのか?について書いてます。

 

 

>>育毛奉行が使って試した育毛シャンプーランキングはコチラ

 

 

 

<<頭皮によくないシャンプーの成分 | トップページ | 石鹸シャンプーは効果的?>>