帽子好き必見!帽子をかぶるとハゲる?

帽子をかぶると蒸れて、菌が繁殖し、髪がこすれるため頭皮に悪影響を与えると言うことがまことしやかに伝えられておりますが、もちろん学術的な研究はまったくないです。

 

それでもその話に納得してしまうのは、やはり帽子やヘルメットは髪に悪そうだというイメージと仕事上やむをえなく被っているお勤めの方などの経験者が多いということがあるかと思います。

 

特に肉体労働や外で必ずヘルメット着用を義務付けられている現場仕事などいろいろだと思われ、最近ではそういった方向けにヘルメットの対策商品というものがでております。

 

メットシートというもので、ヘルメットや帽子の中に柔らかいシリコンの櫛状の柔らかい突起のついたものに、消臭マットがついているアイディア商品です。
イメージとしてはシャンプーブラシをマット状にしてもっと柔らかくしたような感じです。
空間を作って蒸れを防ぎ、マッサージ効果も狙っているようです。

 

またヘルメットですが、ヘルメットに小さな扇風機をつけておでこに当てるというかなり強引な商品もあります。夏用にクールダウンするための汗取りシートなどもあるようです。

 

現場で働くような会社では、普通服装自体が安全衛生上から必ず決められているので難しいとは思いますが、服装が選べる自由がきくならこんな選択もアリかもしれません。

 

どちらのヘルメットも一般的なものではないようなので、街のホームセンターなどで見かけることはあまりありませんが、もしこれらに一定の薄毛や脱毛防止効果があるようなら、販売も広がっていくかもしれません。

 

 

帽子をかぶって蒸れてしまったら?

 

どちらかというと、帽子やヘルメットをかぶった後、汗などをかいたまま汚れをそのままにして長時間置くのが良くないという意見もあります。

 

そちらのほうが薄毛や脱毛の理由としては納得できますし、汚れを落とせば頭皮のためにもなるので、帽子やヘルメットをかぶったら当日のうちにしっかりと洗髪をおこなうことを推奨します。

 

帽子やヘルメットもこまめに洗濯や清掃をして清潔なものをかぶりましょう。
わざわざ汚れをつけるような汚い防止やヘルメットをかぶるのは頭皮のためにもよくありません。

 

逆に女性は冬には頭皮の温度が冷えにつながるということで、帽子の着用をすすめている方もいます。

 

最近は紫外線も気になりますし、ある程度の日光を直接浴びない工夫としての帽子であれば、頭皮の健康にもよい働きをもたらすでしょう。

 

 

>>育毛奉行が使ってよかった育毛剤ランキングはコチラ