育毛剤の正しい選び方とは・・・

現在育毛剤と呼ばれているものは、市場に何百種類もあります。

 

そういったなかで、育毛剤にある効能書きを読むことは多いかと思います。
似たような育毛剤が多い中、なにがどこで違うのか、見分ける方法があれば選びやすくなります。

 

例えば、効能の中によくある「育毛」と「発毛」の違いをご存知でしょうか。

 

「育毛」は、今ある生えている毛髪を健康に育つようにするという意味があります。
「発毛」は、毛乳頭に働きかけて、毛を発毛=生えさせることを指します。

 

一般的に薬剤師の指導なしに買える医薬部外品を、「育毛剤」と呼んでいます。化粧品と同じ分類です。

 

育毛剤は主に、細い毛を太く健康にする、一本しか生えていない毛穴から2本生えるようになる、といった効果を期待されています。
それらの育毛剤で効能書きをよく見ると、「発毛」ではなく「発毛促進」「育毛」「養毛」と書いてあったりするものを見かけたことはありませんか?
これは「発毛」効果と書いてはいけない薬事法による決まりがあるからです。それらの育毛剤は発毛に関しては「促進」しているにすぎません。

 

その普通の医薬部外品の育毛剤には書けない「発毛」の効果を堂々と効能に書ける薬があります。

 

それが医療効果が認められている「発毛剤」です。今のところミノキシジル配合の育毛剤が日本の厚生労働省で認められた唯一の「発毛」効果のある医薬品としての「発毛剤」ということになります。

 

ミノキシジル配合の薬局で買える市販の「発毛剤」としては大正製薬のリアップシリーズがあり、主に男性用でしたが、女性からの多数の要望があり2005年に女性用としてリアップレディが発売されました。

 

その後リアップレディは2011年に配合を変え、ブランド名を「リアップリジェンヌ」に変更しました。
その際、バントテニールエチルエーテル・トコフェロール酢酸エステル・l-メントールの3種類が新たに配合されました。

 

・バントテニールエチルエーテル→ビタミンB1の1種で毛細胞に栄養を与えます
・トコフェロール酢酸エステル→ビタミンEの1種で、皮脂の酸化を防ぎ栄養補給の働きがあります。
・l-メントール→殺菌・皮脂分泌の抑制の効果で、いわゆるミントのようなすーとする清涼感があります。

 

もう一点、特筆すべきはよく化粧品に配合されているヒアルロン酸Naが含まれており、水分量を高める役割を持っています。これは男性用のリアップには配合されていません。女性のパサつきがちな髪にやさしい配合となっています。

 

現在の髪の状態に合わせて、髪を発毛をしたいのか、育毛をしたいのかという希望を見据えて、どのような育毛剤を選ぶかよく検討してみましょう。

 

 

>>育毛奉行が選んだ使ってみて良かった育毛剤ランキングはコチラ

 

 

 

<<育毛剤の初期脱毛 | トップページ | リアップやロゲインなどの育毛剤は効果ある!?>>