ホホバオイルの頭皮への影響は?発毛、育毛効果はある?

最近ホホバオイルをクレンジングオイルのようにシャンプー前に頭皮に塗り、頭にはキャップなどをつけてから10分程度のち、シャンプーして洗い流すというケアをしている人もいるようです。

 

主にホホバオイルは、女性がヘアワックスやムースのかわりに髪のお手入れに使ったり、手足などにマッサージするためにも利用しているようです。
アロマオイルの希釈にも利用されています。

 

ブログなどで薄毛にも効果があるとの記載もありますが、本当でしょうか?

 

ホホバオイルはホホバの種を絞ってつくる植物油で、オーストラリアやメキシコ産が主です。

 

成分を見ると飽和脂肪酸類(ステアリン酸)や脂肪族アルコール(エイコサノール・ドコサノール)の組み合わせですが、これらの成分に特に発毛を促進したり脱毛を防止する効果はありません。

 

しかし安全性は高く、成分から見て、皮膚への刺激性はほぼありません。
抗酸化の働きが高く、油やけしにくいので、リンスやコンディショナーなど髪や皮膚をカバーする力に優れています。

 

髪の表面を覆っているキューティクルが弱くなると、毛球から毛が抜けやすくなるという研究もあり、髪の質は育毛を考える上では特に重要です。ホホバオイルはそのキューティクルをカバーするのに大変良い結果を生むと思われます。

 

成分上も、頭皮に悪いものは入っていませんが、上記のような使い方をしていて薄毛、特に発毛に効くというのははなはだ疑問です。

 

毛穴の汚れを油の力で取り除くということですが、シャンプー以上の洗浄力などは期待できそうにないですし、控えめに言って毛穴の汚れを少し溶かすぐらいが正解だと思います。

 

どちらかといえば、頭皮マッサージに使って頭皮が柔らかくなるといった働きが頭皮に良いといった程度が妥当ではないでしょうか。

 

頭皮が柔らかくなれば、肩のこりが治るのと同じで、皮膚の新陳代謝が良くなり、健康な髪も生えやすくなるでしょう。
オイルマッサージの頭髪版といったところです。

 

皮膚へのカバー力が強いということは、育毛剤の前に塗布してしまうと逆に育毛剤の成分が毛根まで届かないという恐れもあります。

 

ケアする順番は気をつけたほうがよいでしょう。

 

結論としては頭皮にいいかどうかですが、頭皮への悪い成分は入っていないです。
髪には良いと思われます。

 

発毛、育毛効果があるかですが、ホホバオイルの成分の中には発毛、育毛効果のあるものは存在しません。

 

複合的に考えれば、頭皮マッサージの結果や髪の生長の助けになり、育毛がよくなることは考えられます。

 

 

<<石鹸シャンプーは効果的? | トップページ | >>