ミノキシジル、フィンペシア(プロペシア)の恐ろしい副作用

もし過剰にミノキシジルやフィンペシア(プロペシア)などを使いすぎると、具体的にはどのような症状を起こすのでしょうか?

 

ミノキシジルについては、基本的には6ヶ月以上の使用で効果が現れるようになります。
そのため長期に渡り利用するにしたがい、頭皮が荒れて頭皮の痒みがひどくなる方がいます。
ひどくなると、頭皮に炎症を起こすこともあります。

 

元々皮膚が弱い、アレルギー体質であるなど、強い効き目の塗り薬に弱い方には向かないようです。

 

初めは少容量のボトルから購入して、経過を見ることもおすすめします。
いきなり気合を入れて大きなボトルの製品を買ってしまい、頭皮が荒れて使えないと、高額な育毛剤が大変もったいないことになってしまいます。

 

また元々高血圧用の薬ということで、少数ながらも動悸や頭痛、胸の痛みなど原因不明の症状を起こす方もいるようです。

 

実際にリアップなどの取扱説明書にも同様の注意書きがありますし、厚生労働省から「ミノキシジルの安全使用の徹底について」という医薬品等安全性情報がでており、医薬品等安全性情報報告制度による報告が医師や薬剤師に必要とされています。

 

なので、自分に合わないと思ったら直ちに使用を中止して病院に相談しましょう。

 

フィンペシア(プロペシア)については、さらに副作用が重篤で、特に米国食品医薬品庁(FDA)では、インターネットや個人輸入により入手すべきでない医薬品として指定されています。

 

なぜかと言えば、もともとフィンペシア(プロペシア)に含まれる成分フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として認可されたものだったのです。
そして、その副作用として挙げられるのが、勃起不全、性欲減退です。全身倦怠感を伴うこともあります。

 

しかも重篤な場合には、フィンペシア(プロペシア)の投薬をやめてもこれらの症状が残るというのが一番の問題点です。育毛剤のために、性欲増強剤まで使用しないといけなくなるかもしれません。

 

また飲み薬であるがゆえの効き目でしょうが、全身の体毛が濃くなるという副作用もあるようです。

 

もちろん、フィンペシア(プロペシア)の女性の服用は絶対にしてはいけません。子供の誤飲にも気をつけましょう。
ホルモンのバランスが崩れ、健康を害するおそれがあります。

 

フィンペシア(プロペシア)は、用量を守らないと大変なことになるお薬です。

 

1日1回飲めばいい薬ですから、ついうっかりなどと言わず、きちんと管理していきましょう。

 

 

 

<<ミノキシジルの効果と副作用 | トップページ | フィナステリドで男性型脱毛症が悪化?>>