カチカチになった頭皮は血行が悪く髪に栄養が行き渡らない!?

頭皮の血行が良くなれば、健康な地肌からの発毛が期待できます。

 

ミノキシジルは頭皮の血行を良くする働きを持つため、医薬品の発毛剤として利用されています。

 

では、そもそも発毛の妨げとなる「血行が悪い」とはなんでしょうか?

 

血行が悪くなると、目の下のくまや肌荒れ、むくみ、舌の裏の静脈が紫色に見える、体の冷えやほてりがあり体温調節機能がうまく働いていないなど様々な症状が現れます。

 

全身で血行が悪ければ頭皮の状態にも良い影響を与えません。

 

頭皮であれば、よく頭皮がかたい、柔らかいなどで表現されるように、頭皮がかたい人は血行が悪いということが多いようです。

 

頭皮も皮膚ですから、首や肩と同様にカチカチになると働きが鈍くなるのは当然と言えます。
肩こりや首まわりにこりはありませんか?

 

冬であれば、首周りの保温をしっかりして血行をよくするよう心がけましょう。

 

またそれらが改善し、全身の血行が良くなれば、頭皮の血行にも改善が見込めるでしょう。血行を促すための適度な運動はやはり欠かせないということになります。

 

ほかにも頭皮のケアといえば、ヘッドスパが思いつきますが、その中でもヘッドマッサージはどこのヘッドスパのお店でも必ず入っているメニューです。
ヘッドマッサージの時間は希望すれば延長できるサロンも多く、やはりヘッドマッサージは頭皮ケアの基本と言えます。

 

ヘッドマッサージは指先をつかって軽い力で押したり、たたいたり、もんだりと、強い力は不要です。
自分が気持ちよくなるまで行い、習慣にしてしまいましょう。

 

頭皮のプロのヘッドスパが行なっているものを参考に見てみると、乾いた髪に炭酸水をかけてマッサージをしたり、モイスチャーミストといって、頭のホットサウナのようなホカホカした状態に置くなど様々な頭皮ケアがあります。

 

確かに炭酸水もホットサウナも頭皮が柔らかくなる効果がありそうです。モイスチャーミストは電子レンジで水に濡らしたタオルをチンして暖めたものを頭に巻いても真似できそうです。

 

また家で手軽にマッサージ気分を味わえるものにシャンプーブラシがあります。
100円ショップからシャンプーメーカーの専門のものまでいろいろな種類が発売されていますが、究極のブラシは電動シャンプーブラシでしょう。手でするヘッドマッサージに物足りなくなったらこういう商品を使ってみるのも、気分が変わって楽しいかもしれません。

 

 

>>育毛奉行が選んだ育毛剤ランキングはコチラ