頭頂部の薄毛を改善するには

日本で発毛効果が認められている医薬品の成分はミノキシジルです。

 

特にミノキシジルには頭頂部への発毛が期待され、残念ながら生え際の薄毛には効果が薄いとされています。

 

そもそもはミノキシジルは、高血圧の方の血管拡張剤として開発された飲み薬でした。

 

発毛への効果に関しては高血圧の方への処方後の副作用の報告からわかってきました。
今では育毛剤として研究の末、塗り薬として処方されています。

 

なぜ副作用として発毛がわかったのでしょうか?

 

それは、高血圧の患者に薄毛が多かったからではないでしょうか。高血圧=薄毛とは限りませんが、副作用として報告されるほど発毛がわかった、というのは少ない数ではないはずです。

 

薬効としては、高血圧で血管が狭くなっていた頭頂部に血管を拡張して血液がスムーズに流れると発毛しやすくなるということです。

 

特に頭皮は頭部の中でも脳本体などに比べれば、血液の循環の中では末端に当たる部分です。
例えば冬に耳や指先がしもやけになるように、血流が悪くなれば様々な障害が現れやすいとも言えます。

 

そのためには、血液を流れやすくする健康状態を保つと共に、頭皮の状態を健康に保つことが一番求められています。

 

まず食生活や生活習慣を見直し、血圧や冷え性・のぼせなど血流に関する全身の健康状態を正常にするところから始めましょう。

 

一方、プロペシアは日本の医療機関で処方されるフィナステリドを主成分とする医薬品で飲み薬です。

 

0.2mgと1mgが含有された2種類があり、男性型脱毛症への脱毛防止の効果があります。

 

男性ホルモンのテストステロンに働きかけるため、女性には処方できません。特に妊婦などには皮膚からの吸収のおそれがあり、薬剤を触ることも禁忌とされています。

 

頭皮におけるテストステロンからの原因物質の合成阻害による脱毛の防止のため、発毛の効果はないことになっていますが、実際の利用者からは発毛したとの報告が多く寄せられています。

 

プロペシアは保険適用外の薬になるため高価な薬代が負担となり、途中でやめる方が多いですが、投薬をやめると脱毛が増えるもしくは元に戻るとの報告があります。発毛効果を期待できるミノキシジルと併用される方もいます。

 

そのため、プロペシアの投薬継続のために、個人輸入で同成分を含むフィンペシアを利用する方も多いようです。

 

フィンペシアは、インドの製薬会社が製造しているプロペシアと同じフィナステリド有効成分1mgを含有する飲み薬です。ただし、日本の厚生労働省による認可は受けていません。

 

一般的には医療機関でAGA遺伝子検査と呼ばれている血液検査を受けて、AGA治療の見込みがあることを確認してから、プロペシアによる治療を継続していく中で、フィンペシアに切り替えていく方が多いようです。

 

 

<< | トップページ | ミノキシジルの効果と副作用>>