薄毛・抜け毛の原因

「苦髪楽爪」と言う四字熟語をご存知ですか?
美容師さんから聞いたのですが、生活に苦しいことが多いと髪が伸びるのが早く、逆に生活に楽しいことが多いと爪が伸びるのが早いという言葉だそうです。

 

そのいわれを調べてみると、島崎藤村の夜明け前という小説で明治の初めを舞台にした主人公の青山半蔵が座敷牢に閉じ込められ、弟子が座敷牢まで赴いて様子を伺いに来る場面で、

 

”苦髪楽爪(くがみらくづめ)とやら、先の日に勝重が見に来た時よりも師匠が髭(ひげ)の延び、髪は鶉(うずら)のようになって、めっきり顔色も青ざめていることは驚かれるばかり。”(青空文庫より)
という一文があります。

 

まるで落武者を思わせるような悲しい記述です。この夜明け前という小説は昭和4年の作品ですから、おそらくその頃から髪についての四字熟語の口伝えがあったのでしょう。

 

そういったことから、過大なストレスがかかると髪が伸びるといわれます。

 

夜明け前の文章から予想するにきっと栄養のないぱさぱさした髪でしょう。とても健康な髪の伸び方には思えません。座敷牢では運動不足で食生活も髪に悪そうです。

 

育毛するなら健康的な髪をゆっくりじっくり伸ばしていきたいですね。

 

なぜか反対に苦爪楽髪という方もいるようです。あまり一般的な言葉ではないようなので、言葉が逆に伝わったのかもしれません。

 

栄養が大事だからといって食べ放題で肉や揚げ物好きの人がそれらを好きなだけ食べても、当然頭皮や毛穴の皮脂が多くなり髪にはよい影響を与えないでしょう。何事もバランスが肝心です。

 

野菜をたくさんとるのは、健康的な食生活ですし、おすすめです。
しかし野菜しか口にしないベジタリアンまでいくと少し危ういと思われます。
一般論ですが、ベジタリアンになると、髪の毛が少し色が変わり、髪が細くなると言われています。栄養学的に言えば、タンパク質が少なくなると思われるので、髪を育成する栄養不足によりそのまま薄毛に進行するおそれもありそうです。

 

もともとAGA男性型脱毛症の原因は遺伝の要素が大きいですし、睡眠不足も髪の健康には大敵です。5時間以下しか眠れないと脱毛が促進されるそうです。

 

他にも変わったところでは体温が冷える=季節が冬になると抜けるという人や、水を飲み過ぎると毛が抜ける、シャンプーがダメ、タバコがよくないなど諸説いろいろあり、人の数だけ脱毛の理由はありそうです。

 

 

>>育毛奉行が使ってよかった育毛剤ランキングはコチラ