遺伝と薄毛の関係性

現在では、AGAについては遺伝子検査ができます。

 

AGAは男性ホルモンであるテストステロンを脱毛を促進するDHTに変えてしまう還元酵素である5α-リダクターゼが原因であることが突き止められています。

 

そのAGAの原因となる5α-リダクターゼが両親から遺伝する確率は3分の2です。
この遺伝子は男性であれば、女性である母親からもらうことになるため、母方の遺伝が強く影響されると考えられます。
よく髪は隔世遺伝するなどと言いますが、AGAに関して言えば、あながち嘘とも言い切れません。

 

女性である母親には女性ホルモンであるエストロゲンの作用でAGAは出にくいため、母親が薄毛でなくても、祖父に当たる人が髪が薄い人がいる場合、AGAの原因である5α-リダクターゼを持つ遺伝子も受け継いでいる確率が高いと言えます。

 

また、もうひとつの検査項目に、アンドロゲンレセプターというのがあります。
脱毛を促進するDHTが頭皮で作用するためにはアンドロゲンレセプターという受容体が必要なのですが、
遺伝により頭皮にアンドロゲンレセプター自体がが少なければ、DHTは髪に作用せず、たとえDHTが頭皮でたくさん合成されても髪には影響を与えないということです。

 

アンドロゲンレセプターのある対象の遺伝子が短い、普通、長いという分類で、塩基配列の長さによって結果が出ます。

 

遺伝子が短い→たくさんアンドロゲンレセプターがある。AGA発症の確率は高いがフィンペシアなど発毛剤の効き目も高いとも言えます。

 

遺伝子が普通の長さ→平均的なアンドロゲンレセプターの数である。AGA発症も高くはないが、発症しにくい程度。

 

遺伝子が短い→上記2つよりもアンドロゲンレセプターが一番少ない。AGA発症も一番少ないと考えられる。ただし、フィンペシアに関してはあまり効き目がないと考えれらます。

 

これら2つの検査結果によって、9通りのAGAに関する発症に関する予測を立てます。
ご紹介した検査は主にAGAの恐れのある男性用であり、女性はあまり正確な検査結果がでないため、検査を行なっているところは限られているようです。

 

これには遺伝子検査が煩雑になるなどの理由があり、また元々AGAは女性の発症が少ないため、需要が少ないのかもしれません。

 

気になる検査料金ですが、遺伝子検査自体は保険診療の対象にならないため、1万円程度の費用がかかることが多いです。

 

 

>>育毛奉行が選んだ育毛剤ランキングはコチラ